自由な家族葬が人気|少人数で故人を見送る

男の人

人気の葬儀スタイル

花

見積もりを取ること

価値観が多様化し、超高齢化、核家族化などの流れから、葬儀スタイルも自由度が高まっています。福岡では昔は葬儀といえば、仏式の豪華な一般葬が普通でした。葬儀はお金をかけて立派にすれば、それが故人の供養になると考えられていたからです。しかし、いまはリーズナブルな家族葬(ファミリー葬)が主流です。家族葬とは、親族や友人や恩師など、ごく親しい人たちだけで集まってする、簡単なお別れのセレモニーです。内容的には僧侶による読経や参列者によるお焼香など、仏式一般葬と同じです。ただし、一般会葬者がいないので、会葬者を接待する必要がなく、時間や費用の節約ができます。格式ばった儀式が苦手な遺族にとっても、家族葬はありがたい葬儀スタイルです。福岡で家族葬をするなら、葬儀社3件以上に電話をして見積もりを取ることが大切です。福岡でも家族葬プランを提示している葬儀社は沢山あります。しかし、葬儀社ごとに基本料金がまったく違います。ホームページに記載されている家族葬プランの基本料金は、あくまでも最低限必要な費用です。福岡のセレモニー会場を借りるレンタル代やその他に必要な仏具、お布施代などを加えると、高くなる場合がほとんどです。また、祭壇のランクを上げると、当然費用も高くなります。ホームページに記載された基本料金を鵜呑みにしないで、必ず事前に見積もりをだしてもらい、見積もり書を作成することで、トラブルを避けることができます。

プロの業者になんでも質問

福岡では、家族葬あっても地域や親族の方針によって、特殊な風習が存在するものです。葬儀の際には何かと心労もかさむものです。何でも相談できるプロの業者と連携を取りながら万が一の時にはスムーズに葬儀を進めていきましょう。

身内が主役となる葬儀

福岡でも人気の家族葬は、会葬者に気を遣う事もなくゆっくりと見送る事が出来る、理想的な葬儀の形です。しかし「自分も見送りたかった」というお叱りの声を頂いたり、自宅に焼香客がひっきりなしに訪れ落ち着かない日々が続くという事もあるのです。一般葬と家族葬、どちらがベストのスタイルかをよく検討しましょう。

少人数で行う葬儀

家族葬は、家族や親しい友人のみが参列して行う、ごく少人数の葬儀です。規模が小さいということ以外には明確な定義がないので、内容は多種多様です。福岡には家族葬を扱っている葬儀社がたくさんあり、予算に応じたプランを用意しています。