自由な家族葬が人気|少人数で故人を見送る

女の人

身内が主役となる葬儀

合掌

一般葬より安上がり

近年は葬儀の形も変わって来ています。勤務先や知人、近所の方などにも列席して貰う「一般葬」より、身内だけで見送る「家族葬」を選ぶ人が増えているのです。この流れは日本全国に広がり、勿論福岡でも増加しています。福岡での葬儀費用の相場は、10〜50名の会葬者がいる一般葬で100万円〜120万円程と言われています。この金額には参列者への会葬返礼品や寺社へのお布施なども含まれています。しかし一般葬の場合は会葬者からの香典が手元に入りますので、負担額は若干減るでしょう。ちなみに福岡での香典の平均は5000円と言われています。一方家族葬の場合は会葬者への返礼品も必要ないので、掛かる費用も一般葬と比べるとかなり安く抑えられ、一般的には50〜70万円が相場のようです。会葬者に気を遣わずにすみ、家族でゆっくり見送る事が出来る家族葬は、ある意味理想の葬儀の形と言えますが、気を付けなければならない事もあるのです。家族葬とは言っても、故人が亡くなった事を知った知人が突然葬儀会場に訪れる事があります。一般的に家族葬の場合は小さな会場で行うので、突然の会葬者が多く訪れると、福岡の会場に入りきれないという状況にも陥ってしまいます。また「見送りたい」という思いは家族だけではありません。「なぜ葬儀を教えてくれなかったのか」などと言うお叱りの言葉を後日受ける事も多いのです。知人が多かったり、現役世代の葬儀の場合には一般葬を選ぶ方が無難なのかもしれません。現役を離れて久しい方や高齢の方などの場合には、家族葬を検討してみると良いでしょう。