自由な家族葬が人気|少人数で故人を見送る

女の人

プロの業者になんでも質問

数珠

地域の風習を事前確認する

通常の知人や友人に参列していただく「一般葬」と違い、「家族葬」では特に風習やその地域のマナーが重視されるものです。昔ながらの地域では自宅で「家族葬」を行うケースもありますが、その場合であっても、プロの業者へ依頼し、その地域の特色にあった葬儀を依頼したほうが、安心して任せられるというメリットがあります。ここでは、福岡での風習を含めた「家族葬」のあり方をご説明します。主に葬儀のパターンとしては、火葬をどのタイミングで行うかによって全国で違いがあります。お通夜を行い、その後に火葬をして告別式を行うのが「前火葬」といわれ、東北から北海道にかけての地域によく見られる流れです。逆に関東から九州にかけては、お通夜、告別式のあとに火葬を行う「後火葬」というスタイルが一般的です。ただ、これは大まかに見た風習ですので両方のスタイルが合わさった地域などもあり、福岡で「家族葬」を行う場合も、依頼する業者にどういった形式が多いかを確認しておくと良いでしょう。福岡という地域の特色についてもプロの業者の方が熟知しているため、その都度不明点や事前に気をつけるべきことを確認しておいたほうが良いでしょう。特に別の地方からかけつけた方が喪主となって式を行う場合は、風習は必ず業者へ確認する方が安心です。福岡に特筆すべき習慣としては、香典の他に通夜見舞いを出す地域があります。実際の葬儀では、そういった対応が必要かどうか、また、家族葬の場合でも同様かは事前に業者に聞いておくと良いでしょう。